True Blue

What happens to a heart when love breaks?
Does it fade into a shadow of remorse, when it aches?
Or can it fly to the sky like a bird.
Lighter than ever, stronger too
Oh I think a heart always learms to come through.

We were like children lost in our own dream
We never knew love's a garden and hard to grow
We thought the magic would lead us upstream
But we fell, it's not our fault, it's how currents flow

Even though it's hard to know you are leaving this picture
You remain another memory of summer when we loved
Even the winter cold feels warm
Shining with light from all I kept inside from you
That is how heart can live on an on



追いかけても 追いかけても
するり 指をぬける水のよう
あなただけに あなただけに
見つめられて 漂う星の影
夢でもつかまえて

流れる雲に思う 行き先ないこの心
いつかみた日の明日(あす)も 青い通り雨

色づいた花びら揺らす ぬくもりも激しささえも
せつなさの裏側だけを 残していくだけの刹那

かなうのなら かなうのなら
駆け出してゆきたい 風の中
あなただけを あなただけを
見つめたなら 羽ばたく蝶のように
夢ならみせないで

追いかけても 追いかけても
するり 指をぬける水のよう
わたしだけが わたしだけが
時を止めた闇から 手を伸ばす

かなうのなら かなうのなら
駆け出してゆきたい 風の中
あなただけに あなただけに
こころ巡らす はるか朧月
嘘でも抱きしめて
夢なら醒めないで

Mynarco

それは
鉛をまとった
張りつめられた
こころの支配

気づかないまま
押し寄せる
潮が満ちていくような
物語

ある夏の晴れた日
繰り返し漏れだした
流れる血のように
さわれない記憶に触れる

ああ逃げられない
にげたくない
さけられない
いきたくない
もどれない

もうききたくない
やりたくない
させたくない
失わない
わたせない

そうゆるされない
すてられない
けしたくない
見せたくない
わすれない

こうするしかない
おもわない
考えない
くるしまない
やるせない

垂れ流された時に
離れない焼き付くネガ
映し出す面影が
しまい込む記憶に触れる

この子の七つのお祝いに

子守唄
「この子の稚き ててが握る紅差し指は禍福よ」

貴方の遺愛のぼんぼり粛然と
灯点して暗夜に濡つ
私と子と交錯する雨音に心願

「散華と散り敷く涙も枯れた」

あれから幾年 貴方が残したちぃさぃ幸せ
髪締め乍ら 夜な夜なこの子の為にと
子守の唄を 口遊み 徘徊る四肢


白黒キネマノ廃工場カラ流レル煙ガコノ子ヲ包ム

右手 左手 足 首 心音

咽ぶこの子を抱き締めた

助けて 助けて 助けて 助けて

狐ノ堵列ハ這イズリ回ッテ裂帛為イ為イコノ子ヲ掴ンダ

逃げて 逃げて 逃げて 逃げて

嗚咽

「嗚呼…この子だけは…なくさぬように」

この 耳 鼻 目 口 髪の毛一本 誰にもやらぬ
隠してしまおう この子が七つになるまで
貴方のコイノボリが空に昇って行くまでお願い…

「この子に幸せの風が吹きますように。」

嗚呼、この子が大きくなれば貴方のかわりになるのでしょう
瞳が哀しいほど貴方に似ていた

空を泳ぐコイノボリだけは知っていた

「あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ
 ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ・あ

 この子 よく 見たら お人形」

恋閃繚乱

どうでもいいや、もうわたしなんて
つぶやいて石ころ蹴飛ばしてんだ
白けた気分が隅っこに棲(す)んで
アタマの中から離れない

振り返る夕暮れ
オレンジの思い出を思い出す
ふいによく見た後ろ姿が蘇る

恋閃繚乱 ヒカリ湛(たた)えた カケラたちよ
砕け散って 天空高く 舞い上がれ

五月雨(さみだれ)は降り出し
やがて熱き想いも醒めてく
頬を伝い落ちるのは雨粒?それとも…

恋閃繚乱 イノチを懸けた 戦士たちよ
恋を忘れ また強くなる いつの日か

紅焔

運命浄化!

照らされる紅き影
それは混沌の闇に浮かぶ
刻まれた焔の紋章に集う永久の叫びが
お前にも聞こえてるのだろう?
嗚呼…魂を解き放て!!

出でよ!灼熱の精霊よ!!紅のその姿見せろ
焦がせ!熱風を帯びた ココロ燃やし尽くせ

出てこい!灼熱の精霊よ!ツバサ火の粉まき散らしてゆく
広きあの空さえも全て焼き尽くして 運命浄化!

トロケソウナホドニアツクニエタギル
灰と化して 運命浄化!

Pink Rose

ナ・カ・ナ・イ・デ
本当の孤独も知らない
まだ淡い花びらに
涙の粒 抱えたまま…

ah さわらないで
暖かなその手は
わたしのすべて狂わす

ne 許さないで
傷口押さえて
微笑んでる あなたがいる
もう 帰れないね

堕ちてく時の 甘い香り
繰り返すたびにひどくなる

ダ・キ・シ・メ・テ
いまだけ 好きだってフリして
たった ひとつだけなら
ぜんぶ ぜんぶ いらない

Bloomin'like a Rose
本当の孤独も知らない
まだ淡い花びらに
涙の粒 抱えたまま

記憶の欠片

解き放て その想いを

胸騒ぎの予感 ざわめく街並
何かが変わっている 昨日と違う
立ち止まっている時間など 一秒もなくて
チャンスはすぐそこに 目の前にあるから

どんな時だって 諦めない
ほら 動き出す 不安さえ全て強さに変える奇跡

溢れる想いに胸は高鳴って 止まらなくて
時間の歯車が今 回り出せば
小さな翼を広げて羽ばたくから
見ていて 見守っていて ずっと
君は覚えている? 記憶の欠片
あの頃 同じ空の下で見てた夢を

SILVER☆DREAM

I wanna dance tonight - can you keep up now
I wanna groove with you - do you know how
I wanna jump and move to the sound
Let the music make you lose it

Let's run away and dance into the moonlight
We gotta break away from the spotlight
Just take my hand and I'll lead the way
We can leave tonight or we can leave today

Let me take you on my SILVER☆DREAM
I wanna let you know how much I really love you
And we could make it together forever
We don't have to say good-bye
And we could dance all night and into the day
And keep this feeling alive everyday
We need to see this through all the way to the end
And start this game with you all over again

Let me take you on my SILVER☆DREAM
I wanna let you know how much I really love you
And we could make it together forever
We don't have to say good-bye
And we could dance all night and into the day
And keep this feeling alive everyday
We need to see this through all the way to the end
And start this game with you all over again

O JIYA

Mera ye khayal
Ke Tuhi to hai duniyame sabse kamal
O-O meri jaan
Tera ya khayal
Ke tere piche douri chali aun be-nehal
Tu chor ye khayal

Pyari maina tu mere dilme ake rahna
Phir ye kahna ke tujhko na satana
Tere liye mera dil our jan hai kurbaan

Paas ayo naji
Na na onare naji
Maan jayo naji

Yuhi satao naji
Na na onare naji
Pyar jatayo naji

Pyar mera jano
Accha baba janungi
Dilki baten suno!
Baat meri mano
Bolo kya hai manungi
Tu hai mera jano!

Mera ye khayal
Ke Tuhi to hai duniyame sabse kamal
O-Jiyo meri jaan
Tera ye khayal
Ke tere piche douri chali aun be-nehal
Tu rakh ye khayal


※この歌詞はヒンディー語の為アルファベット表記しています。

紅蓮の焔

花の命は紅く儚く
消える運命(さだめ)と云うけど
愛失くしては死んだも同じ
小指の先に夢灯す

たとえ棘(いばら)の道でもどうぞ喜んで
あなたの傍なら地獄も行けるわ
骨の髄までも愛されて
愛し貫いてあげる

もしも今夜が最後の夜と謂うなら
夜が明けぬように
朝陽を閉じ込めませう
そして二人に明日は無いと謂うなら
解けないように
吐息を絡ませませう

歌詞TOPへ
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO